よろず掲示板

.

相続の方法

法定相続

日本で相続に関する法律は、民法です。ここに亡くなった人の財産(遺産)を相続できる人は誰なのか(法定相続人)が規定されており、遺言がない場合には、相続手続きは法定相続人によっておこなわれます。これを法定相続といいます。

法定相続人は亡くなった人(被相続人)の配偶者と子です。子が亡くなっていればその子(孫)、更にその子(直系卑属)へと相続は引き継がれ(代襲され)ます。但し、直系卑属を含め子がいない場合には被相続人の両親(直系尊属)、更に両親がいなければその親へと遡っていきます。直径尊属がいない場合、被相続人の兄弟姉妹が法定相続人になります。そして、その人たちもいない場合、遺産は国に収納されます。

※直系卑属:子・孫など自分より後の世代です。 養子も含まれます。

※直系尊属:父母・祖父母など自分より前の世代です。 養父母も含まれます。

遺言書による相続

遺言書がある場合は、遺言書に沿って相続します。遺言により、相続人の法的相続分を変更することができます。また、法定相続人でない人や会社、あるいは、行政機関など被相続人が譲りたいと思うところに財産を引き継ぐこともできるのです。

分割協議による相続

遺言書があれば、それに従って遺産分割を行いますが、遺言書がない場合は、誰がどの財産を相続するか相続人全員で話し合い、決めます。分割協議が成立するためには、相続人全員の同意が必要となります。

トップへ戻る トップへ戻る