よろず掲示板

.

相続の進め方

相続とは

相続とは、亡くなった人の財産を相続人が引き継ぐ手続きです。

相続では、亡くなった人を「被相続人」、財産をもらう人を「相続人」といいます。そして、被相続人が残した財産を「遺産」と呼びます。

通常、財産(遺産)は土地・建物・預金・株式など経済価値のあるものですが、借入金や債務の保証人などマイナス財産(遺産)というケースもあり、亡くなった人の権利と義務を合わせて引き継ぐ、という言い方もできると思います。また、一族のお墓のお祀りや無形の様々な儀礼の手続なども相続人は引き継ぐことになります。そして、これらの継承については、原則として相続人の中で話し合いがされ、決められます。

遺言書がある場合は、その内容に従って相続が進みます。また、相続財産の額によっては相続税を納めなければなりません。

人は自分がなくなった後に起こるこれらのことを案じて、生前に様々な準備をします。遺言状の作成・生前贈与・相続評価を下げるため評価額の低いものへの財産への組み替え、お墓の購入等いろいろあります。

相続における権利調整

相続においては、それに関わる被相続人・相続人が一つ一つの手続きにそれぞれの立場での判断基準を持っています。そのため、権利調整が常に必要とされるのです。相続における権利調整は単純に自分の権利を主張し、利益を守るということではありません。それは家族の幸せと一族の平和を守るための活動なのです。

相続での議論や協議は、勝ち負けを争う、という観点では絶対にいけません。あくまで当事者が皆、大小の差はあれ納得することが必要です。皆が幸せになるということを常に頭において、様々な権利調整をコミュニケーション豊かに勧めて行きましょう。

トップへ戻る トップへ戻る