よろず掲示板

.

相続税の負担を和らげる その1

相続税の負担を和らげる具体的方法

相続税は被相続人のすべての財産を合計し、それがある一定額を超えた場合課税される税金です。

相続税は、財産が多いほど高くなり、相続人が多いほど税額は低くなります。

相続税の負担を和らげる方法として、申告すべき相続財産を減らすことが相続税を軽減させる具体的な方法となります。これには次のようなものが挙げられます。

申告すべき相続財産を減らす

  1. 生前に配偶者に居住用不動産を2,000万円贈与する
    ※20年以上連れ添った夫婦で夫(妻でも同様)の名義になっている自宅の土地・建物を妻に贈与した場合、相続税評価額で2000万円までは非課税になる、という制度があります。
  2. 預貯金を生命保険に切り替える
  3. 更地の土地にアパートを建てる
  4. 遺言で法人に財産を遺贈する
  5. 墓・仏具などは生前に買っておく
  6. 公益法人に寄付する
  7. 法定相続人以外に財産を贈与する

これらは生前対策・相続が起きてからの対策の両方がありますが、何れにせよ財産を減らすことで相続税を軽減させる方法です。

トップへ戻る トップへ戻る